「朱に交われば赤くなる」という諺もありますが、どうも私たちは知らず知らず周りの人からの影響を受けているようです。

では、どのくらい影響を受けているのでしょうか。
カメレオン効果とも呼ばれるこの現象について、みていきましょう

カメレオン効果とは

私たちは、無意識のうちに一緒にいる人姿勢、クセ、表情をまねる傾向があります。
これはカメレオン効果と呼ばれています。

1999年にChartrand博士とBargh博士は、カメレオン効果について詳細に調べています。
実験に参加した78名は 「実験関係者と単におしゃべりをするよう」 指示されています。
実は、この関係者は 「会話を通してしぐさを変える」 よう指示されています。
参加者と話をしている間に笑ったり、顔に触ったり、足を揺らしたりします。

すると、参加者たちは、全く赤の他人である関係者のしぐさを自然にまねしたのです。
相手がそういうしぐさをしているということを意識していないにもかかわらずです。
これは、実験協力者が笑顔であってもなくても関係はなかったそうです。
その後の実験で、まねるのは身振り手振りだけでなく、その速度もまねることが分かっています。

誰と食べるかで食事の量が変わってしまう

それ以外にも、私たちは一緒に食事をする人の摂食行動までまねをしています。
食べる動作だけではなくて、相手が食べる量によって、自分が食べる量が増えたり減ったりするようです。

そしてこれは、満腹でも24時間の絶食後でも変わらなかったそうです。
つまり、私たちがとる食事の量は、自分の身体が欲しているかどうかだけでなく、誰と一緒に食べるのかでも変わってきてしまう可能性があるのです。

まねることで学んでいる

をまねするこの能力は、生後2週間たったころには観察されています。
そのころには、瞬きをしたり、舌を出したり、感情らしいものが顔に出たりと、顔の動きをある程度まねします。
「学ぶ」という語源が「まねぶ」とあるように、このまねをするという行動は、技術の習得にはとても重要になってきます。
また、それ以外の効果もあります。

まねることで信頼関係を築いているーミラーリングー

聞いたことがある方もいると思いますが、相手の行動を気づかれない程度にこっそりまねしたとき、その人に対する好感度があがるということが分かっています。
これは、神経言語プログラミング (NLP) という心理学でも、相互の信頼関係(ラポール)を築くための手法(ミラーリング)として紹介されています。

さりげなく相手にまねされると、相手の意見に賛同しやすくなるとされています。
実際、まねをした相手が炭酸飲料のセールスマンの場合、その炭酸飲料を高く評価し、やり取り中にそれを飲む回数が増えるそうです。
さらには、注文をお客の言った言葉のまま復唱したウェイトレスのほうが、別の言葉に置き換えたウェイトレスよりもチップを多くもらったという報告もあります。

まとめ

私たちは、知らず知らずのうちに人の影響を受けています。
誰といっしょに過ごすのかは、自分の人生を決めるうえで重要なのかもしれません。

参考
脳の取扱説明書 p138
http://buzzmag.jp/archives/13221

Chartrand, T.L. & Bargh J.A. (1999). The chameleon effect: The perception-behavior link and social interaction. Journal of Personality and social Psychology, 76(6), 893-910